2018年09月15日

裏の果樹園

家の裏に果樹園がある。
ブドウとかマスカット、柑橘系を育てていて、昔はよくお裾分けしていただいたもんだ。

その果樹園が今ではやってんだかやってないんだかよくわからないけど、ボーボーの草に覆われている。
相変わらず樹はあって実をつけてるんだけど、手入れがされてる形跡がない。
至る所にオレンジらしき柑橘が落ち、散乱・腐乱している。

そんなおこぼれに預かるために、鳥をはじめとした動物が集っている。
たまにオナガの群れなんかが飛来して、その姿は壮観だ。
更にこの前なんかは、まだ小さな子供を2匹も連れたタヌキ(もしかしたらハクビシンかも)の親子も現れた。
え、一応ここ日本の首都なのですが。東京だろうが何だろうが出るところには出るもんだ。

家の裏にそんなもんがあるせいで、家の中にヤモリが大量に侵入してくるのかもしれない。
窓開けると虫とかも飛んで入ってくるし嫌だ。

そんな自然豊かな果樹園。
爺さんが一人でやってたっぽいんだけど、最近その爺さんをてんで見ない。
体でも壊したのか、寄る年波には勝てなかったのか、果ては……
まあとにかく手入れしてくれないと、俺ん家にダイレクトに自然の脅威が襲ってくるので何とかして欲しいもんだ。

物心ついたときには、畑仕事をする爺さんの姿がそこにはあった。
これからも元気にやって欲しいね。そして、できれば美味しい果物をお裾分けしてください(ちゃっかり)。


人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
nobiyucky at 14:03コメント(0)自然 
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ
ブログランキング

人気ブログランキング にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村