2018年09月29日

一年ぶりの読書

昨日から今日にかけて久しぶりに読書をした。
ある小説を読んだのだ。内容は面白かった。

ここ一年ぐらいストーリーのあるものを見たり読んだりするのは苦痛だった。と言うより、無理だった。
非常に疲れてしまうのだ。
だから、前まであんなに好きだったアニメやマンガ・ライトノベルも避けていた。

いつか見るかもとアニメは録画し、容量がいっぱいになったら選別して消す。マンガ・ライトノベルは何百冊と積読する。
この一年はそんな感じだった。
その“いつか”は期せずしてやってきたわけだが。

友人が「この小説面白いよ」と貸してくれたのだ。
けっこう分厚くて、今の俺に読めるかなー? と思い、二週間ほど放置していた。
しかし、意を決してページを開いてみると意外と読み進めることができた。
それは単純にその小説が面白かったからかもしれないけど、自分が思ってたより“できない”と思っていることは“できる”ことなのかなーと。
まあ、一冊の本を読む読まないの話だけど。

だけど、今回本を読むことができて良かった。
貸してくれた友人には素直に感謝しよう。
小説ってやはり面白い。面白い小説を読むのは幸福なことだ。
その幸福を今まで避けていたなんてまぬけな話だ。

これからは「無理かも」と思っていることも少しずつ挑戦していきたい。
そして、ちょっとでも心身共に健康的な自分を取り戻したい。
まずは小さなことからはじめてみるか。


人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
nobiyucky at 18:33コメント(0)
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ
ブログランキング

人気ブログランキング にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村