作業療法

2018年10月04日

今日は三回目の作業療法。その前に診察もある。長丁場の日だ。
そのため、朝から億劫だった。雨も降るかもしれないし。いや、雨は夕方からか……

まあ、とにかくめんどうだった。
んで、朝ごはんや犬の散歩を済ませた後、めんどうだーめんどうだーとベッドの上で唸っていたらいつのまにか眠ってしまっていた。
そんでもって時刻はもうお昼。急がねば間に合わない時間だが、またのんきに一服なんかしちゃったりして。前回の反省を活かせていない愚か者であった。

しかも、外に出たら雨降ってるし……夕方からじゃねーのかよー!?
今更バスでゆっくり行くわけにもいかず、大した防水効果もないクソダサジャンパーを羽織ってチャリで出かけた。バッグは透明なゴミ袋につめてね。
ほんと悲しい姿だったよ。

でも、なんとか雨の中チャリをこいで病院に着いたわけさ。
時間的に押していたから急いで疲れました。けど、どうにか間に合った。

んで、診察を済ませて作業療法の時間。
今日は折り紙を作った。
CA990383-08A8-4BCE-BE78-EDA907A4DABB
これ何に見えます? もったいぶっても寒いんで言いますけど、巻貝です。巻貝を折り紙で作りました。

何か折り紙の教本があって、その順番通りに作っていこうと思ったんだけど、初っ端のネズミで詰んで、何か簡単なのないかなーとページをめくっていたら巻貝に行き着きました。

って言っても、俺には難しかったんだけどね。
俺馬鹿だし、空間把握能力ないし、手先不器用だし。
けどまあ、巻貝が唯一折れたやつだったんで、ひたすら作っていたよ。ひたすら作ったと言っても三つしかできてないけど。

とにかく今日は折り紙に集中して会話どころじゃなかった。
作業療法士の先生と少し話したぐらいだね。
てか、作業療法士って先生って呼んでいいのかな?
それが普通? よくわからん。

あーあ、昼飯食ってないから腹減った。


人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

nobiyucky at 15:56コメント(0)

2018年09月27日

今日は一週間に一度の作業療法。二回目だ。
朝起きてから、昼過ぎにある作業療法が嫌で嫌で仕方なく、結局朝ごはんを食べた後二度寝をしてしまった。

そして、起きたらもうけっこうな時間。
なのにウダウダ。昼飯食ってタバコなんざ吸っちゃったりして。
まあ、普通に遅刻したよね。数分だけど。
数分でも遅刻は遅刻。気まずくなるのは自分なんだから、次からは気をつけよう。

ちなみに病院までの行き帰りは自転車。坂あり。疲れる。

作業療法は、先週に引き続きレゴブロックみたいなの。
先週苦労した分、今週は割とすんなりと作業が進んだ。
そして、完成。
実際にそう見えるかどうかは怪しいけど、キリンが草原に出現した。
42116F57-890E-401F-923E-D3ADAAF67955

あとは、先週より少し会話に参加できた。
とは言え、向こうが会話を振ってくれたからだけど。
自分から話しかけることは終ぞできなかった。そこらへんは反省点だと思う。

でもまあ、全体的に先週よりはマシだったと思う。
来週はもっと会話ができるように頑張りたい。


人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

nobiyucky at 15:44コメント(0)

2018年09月20日

だいたい時間ぴったりに作業療法室の扉は開いた。
気にせずそぶりでスマホをいじりながらも身構えていた俺は、あたふたし始める。
作業療法士が出てきて「はじめるので入室してください」そんなことを言った。
待合室には俺以外にもたくさん人はいたが、入室したのは俺一人。おずおずと挨拶した。

最初は、作業療法の説明。
説明を受けている間に患者が一人作業療法室に入ってきた。思わず身構えたが、特にアクションは何もなかったので拍子抜けした。

その後、別室で更に詳しい説明と個人面談。作業療法は毎週あるが、毎回個人面談があるらしい。
そこで作業療法室で書いたアンケート用紙のようなものを元に、軽い質疑応答があった。
そんな堅苦しいものではなかったので平気だったが、自分のことを語るのは疲れる。気づくと早口になっていたが、それはある種の自己防衛か。「これだけ自分はよく考えています」と言うアピールかもしれない。

作業療法室に戻ると患者が一人増えていた。
ちなみに患者は二人とも女性。作業療法士も三人いるが全員女性。気まずい。

いよいよ作業療法がはじまり、最初軽く自己紹介をし合った。
名前と一緒に一週間の自己評価。詳細は省くが俺は自身の評価を100点満点中70点とした。ちょっと自己採点が甘すぎかなと自分でも思った。

それからはひたすらレゴブロックのようなものを説明書を元に組み立てていた。ちなみに首の長いあの動物。
何やら個別に芸術活動?のようなことをしばらくの期間するらしい。
何をしたらいいかわからなかった俺は、作業療法士から軽く紹介されたこのブロックを選んだのだ。

ブロックはとても小さく、意外と細かい作業でやってみると「あ、これ苦手なやつだわ」と少し後悔した。
しかし、選んでしまったものはしょうがない。一人黙々と作業を進めた。
その間、他の患者はもちろん、作業療法士も一人一人何らかの芸術活動?に勤しんでいた。
基本的にはそれぞれ黙々と作業に取り組んでいたが、ときたまちょっとした会話があったりした。俺はなかなか会話参加の糸口をつかめず、聞き耳を立てながら作業に集中しているフリをした。

そして、終了時間がキタ。
最後に、自分の作業の進捗状況を説明した。そのとき少しおどけて笑いを取ろうとしたが失敗した。へこんだ。
あと「隣の人を褒める」というおまけもあって、隣の人の名前がわからず少し困惑した。作業療法士の方だがネームプレートの漢字の読みがわからなかったのだ。そういうときかなり焦る。

作業療法室から出ると、自然とため息が出た。疲れた。
ストレス負荷という意味でなら、かなり有意義な時間を過ごせた。それ以外はクソだった。
帰りは大雨。憂鬱な気分は晴れなかった。


人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

nobiyucky at 23:23コメント(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせ
ブログランキング

人気ブログランキング にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村